ほうれい線の消し方と法令線の美顔器の効果♪

スポンサードリンク


豊麗線を消す手術の内容を比較して公開しています。
ほうれい線を消す手術は美容形成クリニックにいくことになりますが、その手術内容も様々にあります。

 

手術と言うと切って、筋肉などを引き上げて・・・なんてイメージもありますが、プチ整形なんて言葉もあるようにヒアルロン酸などの注射1本で終わる処置もあります。

 

 

もちろん、このあたりは良くできていて、注射などの手軽な分は肌への負担や金額的な負担も少なく、格安で済みますが、その分効果が長続きせず、ヒアルロン酸程度の注射ですと1ヶ月に1回、注射が必要な場合もあります。

 

 

ただし、近年では技術や理論の進歩で、大きく切らなくても特殊な糸を頬の皮膚の下に通すだけでリフトアップ効果が期待できるものもあります。
糸で引っ張りあげるタイプのものもあれば、ただ単に糸を通すだけのものもあります。

 

もちろん、引っ張ってリフトアップしてもらうタイプのほうが効果がてきめんですが、コストも高く、腕の良いお医者さんに当たらないと逆に見た目がゆがんでしまいます。
この場合、ほうれい線というよりは顔のたるみそのものが引き上げられ、併せてほうれい線も解消していくイメージでしょうか・・・

 

で、効果がなさそうに思える、糸を通すだけのタイプの手術、といってもハリで糸を通していくだけで切ったりはしませんが・・・この施術でも、糸の周りでコラーゲンを生成する力が高まり、自然とリフトアップしたり肌にハリが出てくるのだそうです。

 

この通す糸の材質に各クリニックが工夫しており、金やプラチナの糸で安全性を強調したり、化学繊維で特殊な形状を持たせることで肌に刺激を与え、コラーゲンの生成が促されやすくなっているものもあります。

 

現在では、よほど太りすぎて脂肪が頬にたまりすぎる・・・とかではない限り、皮膚を切って処置する外科的な手術はほとんど行われないようですね。

 

 

こういったリフトアップ、クリニックによってはフェイスアップという名称で呼んでいますが、手術となるとこういった糸を通すという内容が主流になるようです。
金額的には30万円くらいが相場のようです。

 

 

それ以外では、コラーゲンやヒアルロン酸、場合によってはボトックスといった注射を顔の皮膚の下に受けていく方法になります。
先にも書きましたが、数万円という金額的な負担が少ない反面、定期的に受けていく必要が生じます。

 

クリニックにより注射する内容にも差がありますが、、コラーゲン、ヒアルロン酸により小じわがとれ、スッキリとした顔になっていくようです。
場合によっては脂肪溶解の注射を行う場合もあるようですね。

 

まずはあなた自身が、糸を通すなどの施術を選ぶのか、注射で美容成分を注入するのか、どちらをメインで行くのか予算を基に考える必要がありますね。

 

このあたりは、あなたと糸の相性もありますので、各クリニックのホームページを見比べて考え方を確認したり、実際に足を運んで無料カウンセリングを受けてみると良いですね。

 

スポンサードリンク

関連ページ

ほうれい線(法令線)の手術とは?
ほうれい線を消す手術の費用や価格、ほうれい線を消す手術やケア法の口コミややり方を公開中です。
マリオネットラインを整形で消すには?【比較】
マリオネットラインを消す手術の費用や価格、ほうれい線を消す手術やケア法の口コミややり方を公開中です。