ほうれい線の消し方と法令線の美顔器の効果♪

スポンサードリンク


ほうれい線手術について詳しく解説しています。

 

ほうれい線をどんな手段でも、一般的なスキンケア法や表情筋・口輪筋のトレーニングで消すには難しい、頬がたるみすぎた場合などは手術も検討する必要があるかもしれません。

 

また、手術の場合は即効性が売りで、もちろん大がかりなものになれば数週間のクールダウンの時間は必要でしょうが、いきなりとスッキリ若々しい顔になれるのが特徴です。

 

また美容整形の門をたたいたとしても、手術にも種類があって、それぞれ特徴とかかる費用・価格が変わってきます。

 

芸能人やセレブな方なら別ですが、一般の方々の場合はこの費用や価格も気になると思いますので、内容と価格、効果のほどを書いていきます。
実際に手術を受けた方の口コミをまとめて書いていますので、参考になると思います。

 

ほうれい線を手術そのもので消す方法
金額・価格:50万円〜100万円

これは文字通り、顔をメスで切って余分な脂肪や垂れ下がった筋肉を取り除き、一発でほうれい線を消す方法です。

 

金額はかかりますが、切った傷口が落ち着く2週間ほど経てば、ほうれい線の無い若々しい生活をすぐに取り戻すことができます。
デメリットはやはり高額な金額がかかることと、メスで顔を切開しますから、傷が治るまで数週間必要なことと痛みがあることですね。

 

金や特殊繊維の糸を通す方法(リフトアップ)
価格:20・30万円〜50万円

 

これはメスを使わないリフトアップと各美容整形外科で言われている方法で、金でできたものや化学繊維を文字通り顔の皮膚の下に埋め込んで通す方法です。
クリニックによって手術内容は若干違いますが、糸を通すだけの場合と、糸を通して引っ張り上げる=リフトアップを強制的に行う場合があります。

 

どちらも埋め込まれた、または通された糸を中心にコラーゲンが良く生成され、ハリ・ツヤのある肌と合わせてリフトアップ効果が期待できるものです。

 

メリットは金額が実際に切る場合より大幅に安いことですが、効果が出るまでに数週間かかる場合が多いです。
また、通した糸の本数が少ない場合は効果がさほど感じられない場合もあります。
金額の差は通す糸のグレードや本数の違いのものです。
もちろん、グレードの高い糸のほうが、糸に突起があるなど工夫が施されており、コラーゲンが生成されやすく、突起が引っかかることで顔のたるみが生じにくくなっています。
同様の理論で通す糸の本数が多いほど効果が高くなっています。
↑だからと言って通しすぎは意味がないと思います↑

 

コラーゲン・ヒアルロン酸などの注射
価格:3万〜5万〜7万円

これは手術とは言えないかもしれませんが、整形の病院にかからないとできないので、ここに記載しました。
コラーゲンはまれにアレルギーを起こすことがありますが、ヒアルロン酸にはその可能性はなく、効果が高い分、価格も高めになります。

 

クリニックなどで配合が異なりますが、文字通りコラーゲン、ヒアルロン酸などの美容成分を直接顔に注射して打ち込む方法です。
↑小さな注射器でほうれい線のシワに沿って注射していくそうです。

 

皮膚の下にコラーゲンが注入されますから、その場でハリが出てツヤのある、ほうれい線などのシワの無い若々しい顔を取り戻すことができます。

 

デメリットは身体にコラーゲンなどが吸収されてしまいますので効果は1か月〜半年くらいで、定期的に注射をしなければいけないことと、たるみすぎてほうれい線はひどい場合には効果が期待できないことです。

 

 

あなたの予算やほうれい線のシワの状況によって手術や施術の内容を変えていくと良いですね。

 

スポンサードリンク

関連ページ

マリオネットラインを整形で消すには?【比較】
マリオネットラインを消す手術の費用や価格、ほうれい線を消す手術やケア法の口コミややり方を公開中です。
豊麗線を消す手術♪内容と比較
ほうれい線を消す手術の費用や価格、ほうれい線を消す手術やケア法の口コミややり方を公開中です。